痛む歯、絶対に放置しないで

痛む歯、絶対に放置しないで

歯が痛むけれど、歯医者に行くことを躊躇している方はいらっしゃいませんか? 一度虫歯になった歯は、自然に治癒することはありません。放置すればするほど、症状は進行しますので、できるだけ早く歯医者に行くことをおすすめします。

また、痛みを我慢し続けていると、いつの間にかその痛みが消えることがありますが、虫歯が治ったものと勘違いしてはいけません。そのようなケースは、治ったのではなく、虫歯がさらに進行して神経まで到達してしまったと考えられるからです。

虫歯のなりたちについて

虫歯のなりたちについて

虫歯の原因は、口腔内の条件によって違いがありますが、「細菌」「糖分」「時間」「歯質」の4つの原因が考えられています。この4つの原因が重なるほど、虫歯リスクは高まります。逆に、一つひとつの原因を解決すれば、虫歯のリスクを下げることも。それぞれの問題点に対して適切なケアを行って虫歯リスクを減らしましょう。

細菌 糖分
口腔内には無数の細菌が存在しており、その中でも特に「虫歯菌(ミュータンス菌)」と呼ばれる細菌が虫歯の原因といわれています。 虫歯菌は、歯に残った糖分を栄養分として酸を出し、歯を溶かします。糖分(特に砂糖)を口腔内に残さないようにしましょう。
時間 歯質
飲食後からブラッシングまでの時間が長ければ長いほど、虫歯になるリスクが高まります。 一人ひとり顔が違うように、歯質も人それぞれで、虫歯になりやすい歯となりにくい歯があります。

虫歯の進行状況、治療方法について

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】

ごく初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁った部分があります。まだ歯に穴はあいておらず、しみる、痛むといった自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布により治癒が可能です。
C1
【エナメル質の虫歯】

エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質がさらに溶けて、黒ずんでいます。冷たい物がしみることがありますが、痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削ってレジン(歯科用プラスチック)などの詰め物をします。
C2
【象牙質の虫歯】

象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行しています。冷たい物や甘い物がしみたり、ときどき痛んだりします。 虫歯になった部分を削って、詰め物を入れます。
C3
【神経に達した虫歯】

神経に達した虫歯

神経まで虫歯が達した状態です。熱い物がしみたり、何もしなくてもズキズキと激しく痛んだりします。 根管治療後、被せ物をします。
C4
【歯根まで達した虫歯】

歯根まで達した虫歯

歯の大部分が溶け、歯の根まで虫歯になっています。神経が死んでいるため痛みませんが、歯根部に膿が溜まると再び強い痛みを感じることがあります。 抜歯が必要になるケースがほとんどです。抜歯後、入れ歯やインプラントで、失った歯の機能の回復を図る治療を行います。

C3の虫歯でも治療は可能です。根管治療について詳しくはこちら