銀歯のお悩みはセラミックがおすすめ

  • セラミック治療前
  • セラミック治療後

過去の虫歯治療で入れた銀歯などが目立ち、つい口元を気にしてしまうことはありませんか? 気になる銀歯や変色してしまった白い詰め物や差し歯、神経を抜いて変色してしまった歯は、審美歯科で解消できます。

審美歯科では、主にセラミック製の詰め物・被せ物を用いたセラミック治療を行います。セラミックは天然歯と同等の色味や透明感を持つため、美しい見た目を実現できます。また、ノンメタルのものは金属を使わないため金属アレルギーの心配もありません。審美歯科で、笑顔が輝く素敵な口元を手に入れましょう。

なお、歯を削らずに歯自体を白くしたい方には、「ホワイトニング」がおすすめです。

セラミック歯と銀歯の違い

セラミック歯
セラミック歯
銀歯
銀歯
  • 白さを調整することで天然歯のような自然な仕上がりが実現する
  • ノンメタルのセラミックは金属アレルギーの心配がなく、変色しにくく摩耗にも強いため、メインテナンスをしっかりしていれば長期間使うことが可能
  • 天然歯と同程度の硬度で、硬い物も思いきり咬める
  • 強度があるので、奥歯に最適(ただし、咬み合う歯を傷つけることもある)
  • 審美性に欠ける
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 経年劣化するため、数年ごとの取り替えが必要

当クリニック取り扱いの審美素材

ノンメタル(金属を使用しないもの)
オールセラミック

オールセラミック

(詰め物・被せ物に使用)

すべてセラミックでできた素材。変色の心配がなく、歯ぐきと歯の境目が自然に仕上がります。また、汚れが付着しにくく、虫歯リスクを低減できます。さらに、金属アレルギーの心配もありません。
ジルコニア

ジルコニア

(被せ物に使用)

オールセラミックよりも丈夫で変色が少ない今注目の素材です。自然な仕上がりを実現し、金属よりも耐久性があります。
ハイブリッド

ハイブリッド

(詰め物・被せ物に使用)

セラミックと歯科用プラスチック(レジン)を掛け合わせた素材。オールセラミックには劣りますが、自然な見た目を実現します。弾性のあるレジンが加わっているため、セラミックに比べほかの歯を傷つける心配がありません。
メタル(金属を使用するもの)
メタルボンド

メタルボンド

(被せ物に使用)

金属のフレームにセラミックが焼きつけられた素材。経年により金属が溶け出し、歯ぐきと歯の境目が黒んでしまうのが欠点です。また、金属アレルギーのリスクがあります。
ゴールド

ゴールド

(詰め物・被せ物に使用)

金合金で作られた素材。天然歯に近い硬さでほかの歯を傷つける心配がありません。また、強度があるため、咬む力が強い奥歯に適しています。金属アレルギーや変色のリスクはかなり軽減されています。 また、金属のノビがいいので2次的な虫歯へのリスクが少なくなります。

審美歯科治療の流れ

1.検査・カウンセリング

まず、検査を行います。必要に応じてレントゲンを撮り、審美歯科治療が可能かを判断します。その後、カウンセリングでご希望を伺います。

2.治療計画立案

検査結果にもとづき、治療計画をご提案いたします。内容にご納得いただけましたら、治療開始となります。

3.治療

治療計画に沿って補てつ物を作製し、装着後は違和感がないかを確認します。形や色などに問題があれば、ご希望通りの仕上がりになるまで調整します。通常は2~3回の通院で治療完了です。

4.アフターケア

定期検診で咬み合わせの状態をチェックし、適切なケアを続けましょう。

設備紹介

バリオサージ
バリオサージ

バリオサージ

「バリオサージ」は、超音波振動で骨を削る治療装置です。血管や神経などを傷つけることなく、骨だけを削ることができるので治療後の出血や腫れを抑えることができます。

患部の回復を早める効果もあるので、身体への負担を軽減できます。

また、超音波によって歯石やプラークも細部までしっかりと除去できるので、スケーリングや粘膜剥離治療などに採用されています。治療患部周辺のセラミック製の詰め物・被せ物へのダメージも防ぐことができるので、歯科技工物の劣化を防止します。 (※保険外診療)

当クリニックでは、バリオサージを専用薬剤で滅菌・消毒しているので、院内感染のリスクを回避した安全な治療を提供しています。

白く輝く美しい歯にしたい方は、お気軽にご相談下さい美加デンタルクリニックへのご予約・ご相談はこちらから