自分の歯を残す治療「根管治療」

自分の歯を残す治療「根管治療」

根管治療は、虫歯が神経にまで進行した場合に必要となる治療です。歯髄(歯の神経や血管など)が入っている「根管」から感染した歯髄を除去して洗浄・殺菌し、薬剤をすみずみまで充填したあとフタをし、最後に被せ物をして歯の機能を回復します。

根管治療では、感染組織の除去を完全に行わないと、またすぐに再発してしまうリスクがあるため、慎重に行う必要があります。根管治療後に再発すると重症化しやすく、最悪の場合には抜歯せざるを得なくなってしまうこともあります。

根管治療の流れ

1. 神経などの除去
細菌に感染した神経や血管などの組織、付着した汚れを取り除きます。
2.根管内の洗浄・殺菌
根管内を洗浄・消毒し、完全な無菌状態となるようにします。
3.薬剤の充填
無菌状態となった根管の内部に薬剤を充填します。そして、細菌の侵入を阻むため完全密封します。
4.被せ物の装着
被せ物による補てつ治療を行い、歯の形状を回復させます。

注意!根管治療は途中でやめないでください

注意!根管治療は途中でやめないでください

根管治療には本来数回~数ヶ月という期間がかかりますが、治療中、根管をきれいにして仮詰めを行った時点で痛みは治まり、とりあえず咬める状態になるため、通院の必要性を軽視してしまいがちです。しかし、その状態のまま放置していると、仮詰めが取れて細菌が再侵入し、症状が悪化してしまうことがあります。

本来であれば抜かずに済んだ歯を抜歯しなければならない状態になることもありますので、きちんと歯科医師の指導のとおり通って治療を完了させましょう。

根管治療後の土台が重要です

根管治療後の土台が重要です

セラミック製の差し歯などで見た目だけをきれいにしても、土台が健康でなければ、せっかくの白い歯もいずれ根元から崩れてしまうことがあります。土台を適切な治療によって健康な状態にしたうえで、歯本来の「咬む」という機能をしっかりと回復させることが大切です。

根管治療が必要になるほど虫歯が進行してしまう前に、しっかり予防しましょう予防歯科について、詳しくはこちら