親知らずが痛んだら、抜いたほうがいい?

親知らずが痛んだら、抜いたほうがいい?

親知らずとは、奥歯のさらに奥に生えてくる歯です。まっすぐ正常に生えてくることは少なく、斜めに生えてきたり一部歯ぐきに埋まったままだったりします。このような場合、痛みをともなったり、ブラッシングのしづらさから虫歯や歯周病を招きやすくなったり、隣の歯を押して歯並び・咬み合わせを乱したりすることがあります。このように、ほかの歯に悪影響を与えるおそれがある場合、ほとんどのケースで抜歯になります。

とはいえ、ご自身で抜歯か否かの判断は難しいといえます。親知らずが痛み出したら、まずは当クリニックにご相談ください。

【抜かない親知らずもあります】
親知らずは、必ずしも抜いたほうがいい訳ではありません。まっすぐに生えていて、きちんとブラッシングで親知らず周辺をケアできるなら、抜かずに残しておくこともあるのです

術中・術後に配慮した親知らずの抜歯

抜歯することになっても、痛みがあるうちは決して抜歯を行いません。炎症が起きているときは麻酔がかかりにくく、抜歯後の出血も多くなり、ますます腫れがひどくなるおそれがあるためです。痛みがあるときにはまずは抗生物質を投与し、炎症を鎮めてから抜歯を行いますのでご安心ください。

術中・術後に配慮した親知らずの抜歯

親知らずの抜歯の流れ

1.カウンセリング・診断

アレルギーや常用している薬があるかないかなど、問診します。

その後診断を行います。

2.麻酔・抜歯

何も問題がなければ、親知らずの周辺の歯ぐきに麻酔をかけます。歯が歯ぐきから出ていればそのまま器具を使用し、歯を脱臼させて抜歯します。出てない場合は歯ぐきを切開し抜歯します。

3.アフターケア

抜歯後、膿の袋などがあれば取り除きます。処置が終わったら出血を抑えるためにガーゼを咬み、少し時間を置きます。出血が収まれば終了です。なお、歯ぐきを切開した場合は歯ぐきを縫合します。

当院では、親知らずの治療に炭酸レーザーを使用しています

当院では、親知らずの治療に炭酸レーザーを使用しています

京急川崎駅徒歩2分・JR川崎駅北口徒歩4分の歯医者「美加デンタルクリニック」では、親知らずの治療を行う際に、お口の中の患部の切開・止血に炭酸レーザーを採用しています。99%以上が水分に吸収される性質を持つ炭酸レーザーは、炎症がある部分にのみ作用するので、他の健康な部分に熱の影響を及ぼすリスクがほとんどありません。切開時の出血がほとんどないので、安全性の高い治療をご提供できます。

炭酸レーザーを使用するメリット
  • ・出血がほとんどない
  • ・痛みを抑えられる
  • ・術後の腫れが少ない
  • ・麻酔が必要ないケースもある

親知らず抜歯後の注意点

飲酒やお風呂、激しい運動は避けましょう

出血しやすい状態になっていますので、血行がよくなるような行為は控えましょう。また、血の味が気になる場合はガーゼを小さく折り畳んで強く咬んで圧迫し、安静にしましょう。

強くうがいをしないでください

親知らずの抜歯後には大きな穴があき、そこには血の固まりができます。この固まりは止血する役割もありますので、口をゆすぐときはこの固まりを洗い流さない程度にしましょう。

傷口を刺激しないようにしましょう

患部をブラッシングするのは避けましょう。食事の際は、固い物、辛い物は避け、反対側を使って咬むようにしてください。アルコールの入っているマウスウォッシュも刺激になるため控えましょう。

抜歯後のお薬の服用について

【痛み止めのお薬】

抜歯後は、患部が腫れることがあります。特に下の親知らずを抜いたあとはひどく腫れることが多く、つばを飲み込んだときに痛みを感じることもあります。 抜歯当日は痛みを伴いますので、早めの服用をおすすめします。

【化膿止めのお薬】

化膿止めのお薬は、指示された量を飲みきるまで服用してください。飲み忘れや途中で飲むのをやめてしまった場合、血液中の抗菌薬濃度が低下して細菌が繁殖してしまうことがありますので、しっかり最後まで飲み切ってください。

親知らずが痛むときは、お気軽にご相談下さい美加デンタルクリニックへのご予約・ご相談はこちらからTEL 044-233-5683