ブラッシングをしたときに出る血、無視していませんか?

ブラッシングをしたときに出る血、無視していませんか?

ブラッシングのとき歯ぐきから出血したり、歯ぐきが赤く腫れていたり……このような症状がある方はいらっしゃいませんか? それは歯周病のサインかもしれません。

成人の約80%がなっているといわれるほど、日本において患者数が多い歯周病。プラークや歯石に棲みつく歯周病菌に感染した歯ぐきが炎症を起こし、やがて顎の骨が溶かされていく感染症です。「沈黙の病気」ともいわれており、痛みや自覚症状がないまま進行するため、気づいたときにはかなり進行していることも少なくありません。また、その影響は口腔内だけでなく、全身に様々なトラブルを引き起こす可能性があると報告されています。

歯周病の進行段階

  状態 症状
初期
初期
歯と歯の間や歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)に歯石が溜まりはじめています。 まだ自覚症状はありませんが、歯ぐきがうずいたり腫れぼったく感じたりします。ブラッシング時に出血することもあります。
中期
中期
炎症のため、歯ぐきが赤くなります。また、歯ぐきが下がって歯の露出部分が増え、歯が伸びたように見えます。この段階になると、歯を支える骨が溶かされはじめます。 刺激に敏感になり、歯がしみることがあります。歯ぐきからの出血が増え、膿が出たり口臭が強くなったりもします。
後期
後期
歯ぐきの炎症が進み、歯周ポケットが深くなります。この段階では、歯を支える顎の骨がほとんど溶かされた状態となります。 ブラッシング時に頻繁に出血するようになります。咬み合わせただけで歯がぐらつき、指や舌で押すと歯が動くのを確認できます。

歯周病の治療方法

プラークコントロール

プラークコントロール

歯周病の原因であるプラークの増殖を抑えることに重点を置いた治療方法です。正しい方法でブラッシングすることに加えて、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使用してプラークの付着を防ぐことが、歯周病治療の基本となります。

スケーリング+ルートプレーニング

スケーリング+ルートプレーニング

ブラッシングだけでは取り除けないプラークや歯石を除去して、歯の表面や歯周ポケットを清潔に保つ処置です。歯周病菌の住処となる歯石の付着を防ぐことで炎症が治まり、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の改善が期待できます。

【歯周病治療に活躍!超音波スケーラーについて】

超音波振動によって、痛みを抑えながら効率よく歯石を除去できるのが、「超音波スケーラー」です。患者様への負担も抑えることができるのが特徴です。

詰め物や被せ物の修正治療

詰め物や被せ物の修正治療

詰め物や被せ物が歯に合っていないと、隙間などにプラークが付着しやすく、ブラッシングなどでの除去が難しくなります。そのため、詰め物や被せ物がきちんと適合しているかを確認し、適合していなければ修正する治療を行い、歯周病の治癒を促します。

フラップ手術

フラップ手術

歯肉をはがし、歯石や炎症部の歯肉を取り除いてから、元通りに縫い合わせる外科的手術です。「歯肉剥離掻爬術(しにくはくりそうはじゅつ)」ともいいます。

エムドゲイン

エムドゲイン

「エムドゲイン・ゲル」という薬剤を手術部位に注入して、歯の発生過程に似た環境を再現します。そうすることで、破壊された歯周組織の再生を促します。ただし、処置可能なケースと不可能なケースがあり、診断が必要になります。

歯周病を予防するために

生活習慣の改善

生活習慣の改善

睡眠不足や病気、ストレスなどで抵抗力が落ちていると、歯周病菌に感染しやすくなりますので、十分な睡眠をとり、適度な運動をしてストレス解消を心がけましょう。

定期検診

定期検診

歯周病の治療が終わったからといって、安心してはいけません。治療後の良好な口腔内環境を長く維持していくためには、定期的に検診を受け、歯のメインテナンスを行うことが大切です。積極的に定期検診を受診し、歯周病を寄せつけない口腔内環境を維持しましょう。

>>予防歯科について詳しくはこちら

先生からのメッセージ

歯周病は自覚症状のないまま進行していることが多く、沈黙の病気ともいわれます。そのまま治療せずに放置していると、顎の骨が溶かされてしまい、最終的に歯が抜け落ちてしまうこともある恐ろしい病気なのです。さらにお口の健康を脅かすだけでなく、心臓疾患など全身に関わる病気を引き起こす可能性もあります。歯ぐきから血が出る、歯がグラグラする、口臭が気になるといった症状のある方は、すぐに歯科医院の受診をおすすめいたします。

健康な歯を保つために必要なこと

健康な歯を保つために必要なこと

痛くなる前に予防することが大切です。虫歯や歯周病は治療すれば治りますが、完全に元通りにはならないためです。病気になる前にその原因を突き止め、取り除くことが口腔内の健康維持につながり、結果として長く歯を使い続けられるようになります。予防歯科を活用して虫歯や歯周病などから歯を守りましょう。

適切なケアで末永いお口の健康を

適切なケアで末永いお口の健康を

適切なブラッシング方法などがわからず間違った方法で口腔内ケアを続けていると、口腔内に汚れが溜まり、やがては虫歯や歯周病になってしまうでしょう。そして、歯が痛くなったときに歯医者へ行き治療を受けても、間違ったケアをしているためにまた虫歯や歯周病となり……という負のスパイラルに陥ってしまいます。お口の中には何億もの細菌が棲みついており、虫歯や歯周病は誰でもなりうる病気なのです。

3ステップで虫歯・歯周病を防ぐ!

STEP1 虫歯・歯周病リスクを把握する STEP2 正しい方法でのセルフケアSTEP3 歯科医院での予防処置

上記の「STEP1~3」をふまえて、効果的にお口のトラブルを防ぎましょう。当クリニックでは、積極的な定期検診の受診をおすすめしています。定期検診では、まず口腔内環境を調べ、患者様一人ひとりの虫歯・歯周病リスクを調べ、それを改善するためのセルフケアを提案・指導しています。定期検診に通い、歯周病や虫歯を未然に防ぎましょう。

当クリニックの予防処置

PMTC

PMTC

PMTCとは、歯医者で行う歯のクリーニングのことです。予防のプロである歯科衛生士が専用の器具を使ってセルフケアでは除去できない細かな隙間の汚れまで徹底的に取り除きます。定期的に受けることで、歯周病や虫歯の予防に効果的です。また、色素汚れも除去できるため、歯本来の白さを取り戻すこともできます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯並び、歯の大きさは人によって違います。そのため、自分の口腔内環境や歯並びに合ったブラッシング方法も人それぞれ。当クリニックでは、予防のプロである歯科衛生士が、患者様のお口に合わせたブラッシング方法を指導します。また、歯ブラシの大きさや硬さ、歯間ブラシやフロスなどの使用方法などもお教えします。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせが乱れていると、ブラッシングしづらくなり虫歯や歯周病になりやすくなります。また、身体のバランスも崩れ、頭痛や肩こり、顎関節の痛みといった不調につながることもあります。当クリニックでは咬み合わせのチェックを行い、生活習慣についてアドバイスし、必要があれば矯正治療をご提案しています。

健康な歯でいたい方は、お気軽にご相談下さい美加デンタルクリニックへのご予約・ご相談はこちらからTEL 044-233-5683